(仮)

人生は(仮)くらいで丁度いい。

【オールブラックス】スタンドオフのボーデンバレット選手のキック・ランに注目【ラグビー ワールドカップ】

もうすぐ日本VSニュージーランドのプレマッチがありますね。

そこで今回はオールブラックスのスタンドオフ ボーデンバレッド選手を紹介したいと思います!

ボーデン・バレット選手とは

f:id:q-ch-craydoll:20180927172957p:plain

生年月日 1991年5月27日

身長187センチ 体重92キロ

ポジション スタンドオフ

スーパーラグビーではハリケーンズに所属

代表キャップ数 62(キャップ数とは代表出場回数です)

2012年 ニュージーランド代表 初キャップ

2016年 スーパーラグビー得点王

2016年 2017年 ワールドラグビー最優秀選手賞

ラグビーW杯で大活躍間違いなしの選手です。

2年連続で世界最優秀選手に輝いていますし、「世界最高峰のスタンドオフ ダン・カーター」の後継者と言っていいでしょう。

 

若くしてオールブラックスの司令塔を担うのはすごいですね。

オールブラックスとマオリオールブラックスの違い【ラグビー W杯】 - (仮)

 

ボーデンバレット選手の注目ポイント

ボーデンバレッド選手の注目ポイントを紹介します。

正確なキック・キックパス

f:id:q-ch-craydoll:20180927182704p:plain

正確なキックに注目です。

ペナルティ・コンバージョンキックはもちろんのこと、相手の裏にちょこんと落としたりオープンへのキックパスに注目して頂きたいです。

 

本当にいつ見てるんだろうと思える視野の広さに驚愕します。

 

ランの突破力

f:id:q-ch-craydoll:20180927182902p:plain

ポジションはスタンドオフなのでパスやキックで試合を組み立てるのはもちろんなのですが隙があれば自分でラインブレイクしていく突破力があります。

 

自分でトライを取れるスタンドオフは見ていて楽しいです!

めっちゃイケメン!!

f:id:q-ch-craydoll:20180927182752p:plain

めちゃくちゃイケメンじゃないですか??

スタンドオフってイケメンがやるポジションですよね。

僕の高校時代の部活の時もスタンドオフはイケメンでした。

 

今後のラグビー界を引っ張っていく存在

f:id:q-ch-craydoll:20180927182801p:plain

ボーデンバレット選手はオールブラックスのスタンドオフということもあり、間違いなく今後のラグビー界を引っ張っていく存在です。

 

ダン・カーター選手のように「世界最高峰のスタンドオフ」「生きる伝説」と呼ばれるような選手いんなって欲しいです。

 

いつ怪我で引退してしまうかわからないのラグビーです。

また、走り続けるスポーツでもあるので、引退も他のスポーツより早いです。

少しでも長くフィールドでプレーして欲しいですね。

 

オールブラックスに注目

f:id:q-ch-craydoll:20180927182850p:plain

今後のオールブラックスに注目したいですね。

僕はダミアン・マッケンジー選手が好きなのですがスタンドオフにボーデンバレット選手がいるので頑張って欲しいです。

www.daichi-kari.com

 

最後に

ダミアンマッケンジー 選手の記事でも書いたのですが、

高校時代ラグビー部に所属していました僕は足も速くなく、手先も器用ではなかったので、自動的にフォワードでした。(笑)

なので、足が速くてキックが上手い選手にすごく憧れがあります。

 

もちろん日本も応援します!

ですがボーデン・バレット選手にも引き続き注目して行きます!

W杯が楽しみです!

 

この記事を読んでくれた皆様、

今すぐYouTubeで「ボーデンバレット」で検索です!!